私のムダ毛処理方法

♀ユキ32歳
【脱毛サロンに5年ごとに通う】
10代半ばから、ムダ毛が濃くなり始め、お風呂でカミソリで毎日処理していました。

ワキ毛は太くて黒いので、毛抜きで抜いていていました。本数が多くて、手と目が疲れ、カミソリも併用していました。

カミソリで処理して毛はなくなるのですが、数年続けていると、ポツポツと毛穴が赤黒く炎症を起こしているようでした。
脱毛クリーム・粘着テープ・脱毛器具・脱色・いろいろ試しました。

20代半ばには、彼との結婚を意識し始め、旅行に行ったり、仕事と家事や育児を両立する、幸せな結婚生活を夢みていました。

しかし、毎晩のように、カミソリや脱毛器具で何時間も1人で作業していては、理想の結婚生活が実現できないと思いました。

友人が永久脱毛サロンに通っているのを聞いて、費用や期間、痛みなどを詳しく聞き、即同じサロンに通いました。

一度照射した毛が無くなっても、2か月のサイクルで新しい毛が生えてくるそうで、
2か月に1回照射を2年繰り返します。

私はワキとヒジから先とヒザから下を選び、スタッフ2人で50分くらいでした。
光は黒い点に反応するとの事で、施術前に電気カミソリで剃ってくれます。

ベットに寝て、目を守るゴーグルを装着し、透明な冷たいジェルのせて、人間ドックのエコ―のようなもので照射していきます。

痛みは輪ゴムで軽くはじかれる程度で、痛がりの私でも余裕でした。

2年で終了し、自己処理から解放され快適でした。
ですが、半年後にワキとヒザに数本ほど生えてきて、7年経った今は、ワキとヒザの太い毛の箇所のみ、数十本生えてしまっています。

3年前くらいから、2.3日に一度くらいカミソリで処理しています。永久ではなかったです。
やはり、永久脱毛はサロンではなく、クリニックなどの医療レーザー脱毛を受けないとダメみたいですね。

次は、レーザー脱毛治療を受けに行こうと思ってます。ちなみに私は岡山に住んでいるんですが、岡山でレーザー脱毛を受けるなら、こちらがイイみたいです。<レーザー脱毛岡山

やっぱり、人気のクリニックが間違いないですよね。
♀ミユキ23歳
【足のムダ毛の処理方法について】
足(すね、もも全体)の毛が濃すぎるのが悩みで、ワックス系と脱毛クリームでムダ毛処理にチャレンジしたことがあります。

■ワックス系と脱毛クリーム系の違い

ワックス系は痛みを伴うのが難点ですが、恒久的な効果があります。
一度使うと、使ったところにはほとんど毛が生えてきません。

ただし、脱毛時に皮膚の中に埋まっている毛はしばらくすると生えてくるので、それも処理することにより、ほぼ完璧な脱毛が可能です。

脱毛クリーム系は痛みもなく、手軽に扱えるのが便利ですが、恒久的な効果はありません。
しばらくすると、また毛が生えてきます。
■ワックス系による脱毛方法

利用したことのあるワックス系は、よく週刊漫画誌等に広告の出ているタイプのものです。
使い方は簡単です。

まず、接着剤のように硬く粘りのあるクリーム状のものを、毛の濃い部分の皮膚に薄く塗ります。

次に、商品に添付されている帆布のような丈夫な布切れを押し当てて貼り付け、毛の流れの方向に何度も押しつけてから、しばらく時間を置きます。

そして、おもむろに布をワックスごとベリッとはがします。
この時かなり痛みを伴います。

痛みに耐えられない方、皮膚の弱い方には向いていません。
■脱毛クリームによる脱毛方法

脱毛クリームの使い方も簡単です。
まず長すぎる毛は適当に短くカットしておきます。

その後、商品に添付されているヘラを使って、クリームを薄くのばすように、ムダ毛のある部分に塗っていきます。
毛がクリームにかくれるくらいの厚みで塗っていくのがコツです。

塗り終わったら、5~10分ほど放置し、その後ヘラやティッシュ等でクリームをそっと取り除き、水やぬるま湯でクリームを洗い流します。

処理する際は、始めからお風呂場で行うのが、汚れず楽で良いと思います。
■購入方法

ワックス系は雑誌の広告を見て、通販で購入しました。
脱毛クリームは、近所のドラッグストアで購入しました。
現在は、手軽な値段で気楽にムダ毛を処理できる脱毛クリームを夏に時々利用しています。
剃っても良いのですが、刃物を使うのが少し怖いので、脱毛クリームを好んで使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>